最近のトラックバック

« 黒川清さんのリーダーシップ論 | トップページ | 中西圭三「東日本大震災チャリティーライブ」 in 棚倉 のお知らせ »

2011年6月 1日 (水)

モンスーンカフェ自由が丘店の三浦店長はなぜ客から誕生日を祝ってもらったのか?

先日、未知の方からメールをいただいた。

私のブログを見て連絡してくださったらしい。

自己紹介のあと、メールは次のように続く。


「本日は、モンスーンカフェ自由が丘店のことでメールしました。

実は、今年に入って、モンスーンカフェ自由が丘店にすっかり
入り浸るようになり、毎日のように、三浦店長をはじめ
スタッフのみなさんによくしてもらっています。

中西さんのブログを拝見して、彼らなら当然そうするよな、とか思いながら、うれしくて仕方ありませんでした。
また、中西さんとの暖かいメールのやりとりもすばらしい。」

 

私の「レストランに行こう!」という記事を読んでくださったようだ。

 

311日の東日本大震災の日、東横線沿線を歩く徒歩帰宅者のために、

ただ一店舗、店頭でお茶をふるまっていたこのお店に、私がお礼に出向き、

三浦店長をはじめ、スタッフのみなさんとのおいしい交流がはじまったお話。

 

さらに、メールは続く。

「それで、ここからが、ご相談ご提案なのですが、
そんな三浦店長の誕生日が525日(水)なのです。

私は毎日ブログを書いていますが、ここのところモンスーンカフェのことばかり書くので、
読者から、「行きたい」という声も多く、この際だから、525日にとにかく
モンスーンカフェ自由が丘店に集まれ、と声がけを始めました。

10
人来るか、100人来るかわかりませんが、そういうわけで、
すでにモンスーンカフェ自由が丘店ファンの人、

初めてモンスーンカフェに来る人が集まります。

もし、中西さんが、この日、いらっしゃることができるようでしたら、
ぜひと思い、声をかけさせてもらった次第です。

モンスーンカフェの一顧客として、三浦店長への恩返しは、ひとりでも
多くの友人知人をモンスーンカフェに連れて行くことだと思い、
今回、このような企画を立てました。

私個人も中西さんとお会いしたいと思っています。
なにとぞ、ご検討くださいませ。」

 

このメールの主は、ザビエルさんとおっしゃり、

なんと私と同学年の方。

モンスーンカフェ自由が丘店は実に若々しいレストランだが、

五十過ぎの男性の琴線にも触れるサービスを提供しているらしい。

 

ほんとうにうれしいメールだった。

私は、一も二もなく参加を決めた。

 

525日、私は横浜での仕事を終えたあと、急いで自由が丘に向かった。

到着は午後10時近かったと思う。

モンスーンカフェ自由が丘店には三回目の来訪。

まだ新人である。

 

店では、店長の三浦花子さんをはじめ、スタッフのみなさんが忙しく元気に働いていた。お店のファンたちが勝手気ままに集まり、おおいに飲み食べ語り、そのことで店長の誕生日を祝う。

午後8時からはじまった会はすでに佳境を過ぎていたが、それでも20人ほどの人々が残っていただろうか。

ザビエルさんは予想通りフランクでとても楽しい人。モンスーンカフェ自由が丘店への愛はひたすら深い。

呼びかけに応えて集まった人々も、気持ちのよい方々ばかりだった。

年齢層も20代から50代まで。男女比もほどよく。これだけの参加者を集められるのは、ザビエルさんのお人柄ゆえだろう。

 

やがて、三浦店長が呼ばれ、プレゼントの贈呈式。営業中のこととて、バースデイソングの合唱はない。そして少しだけあわただしく。ほかのお客さまに迷惑をかけてはいけないからだ。

 

三浦さんは少しはにかんで、しかし満面の笑みで感謝のことばを述べた。そしてまたすぐに、ディッシュをテーブルに運びはじめた。

 

お誕生日おめでとうございます、三浦花子さん。すてきな会に参加させていただいて、私はほんとうに幸せでした。これからも、すばらしいスタッフのみなさんと一緒に世界一のレストランを作っていってください。私はザビエルさんのように毎日はうかがえないですが、ときどき、大切な家族や友人とともに、モンスーンカフェ自由が丘店を利用させていただきます。おいしい食事とすばらしい人と人との絆を、ほんとうにありがとうございます。

 

私は、翌朝がはやいので、小一時間で失礼させていただいた。しかし、駆けつけ甲斐のある、すばらしい会だった。会を企画し、私をお誘いくださったザビエルさんに心から感謝申し上げたい。大震災は、今も私たちに大きな苦痛を与え続けているが、こんな素敵な出会いをもたらしてくれた。人生捨てたものじゃない。

 

翌日、三浦花子さんからメールをいただいた。

 

「中西 光雄さん

 昨日は、通称525モンスーンにご来店頂き、本当にありがとうございました。
終わってからよくよく考えると、中西さんとザビエルさんは本来繋がっていませんでしたよね・・・
どうして中西さんが来てくれたんだろう・・・と頭の中パニックでした。
ザビエルさんに聞いて解決しました。

本当に皆さん、暖かい人ばかりですね。
私は、スタッフにも、お客様にも恵まれて本当に本当に幸せです。
感激いたしました。
○○歳の誕生日、一生忘れません。
そして今後、ますます精進していきます。

本当にありがとうございました。

モンスーンカフェ自由が丘店
三浦 花子」

 

三浦さんの年齢はヒミツ(知りたい方は彼女のブログへ!)。ですが、ほんとうにお若い方。彼女に全幅の信頼を置きお店をまかせておられる㈱グローバルダイニングさんにも敬意を表します。

 

翌日私がTwitter

「おはようございます!昨夜はモンスーンカフェ自由が丘店の店長三浦花子さんのお誕生日会に顔を出してきました。常連客が勝手に集まって店長さんのお誕生日を祝う。ちょっと信じられない素敵な話ですがそれはお店が素敵だからに他なりません。」

とつぶやいたところ、

 

㈱グローバルダイニングの公式アカウント(@globaldininginc)から

「ありがとうございます!!!素敵素敵素敵!うちのスタッフみなさんに愛されていること本当に嬉しく思います。感謝感激()これからも宜しくお願いします。」

と返信があったこともお知らせしておきます。

「素敵素敵素敵!」と「素敵」が三回。きっとすばらしい会社なのだと想像します。

 

さてさて、もしこのブログをお読みになって、三浦店長とスタッフのみなさんに会いたくなったら、まよわず、ためらわずモンスーンカフェ自由が丘店にお出かけください。

ザビエルさんのブログ
http://blog2.studio-xavi.com/

三浦花子さんのブログ
http://ameblo.jp/m-hanako/

 

 

« 黒川清さんのリーダーシップ論 | トップページ | 中西圭三「東日本大震災チャリティーライブ」 in 棚倉 のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中西さん
ザビエルです。
このように取り上げていただき、心より感謝申し上げます。
いきなりの呼びかけに快く応じていただき、三浦店長の誕生日をいっしょに祝福できたこと、本当にうれしいかぎりです。
ぜひ、またモンスーンでお会いしたいし、特に約束してないのに、ばったり「現場」で遭遇してしまうこともありそうですね(^^ゞ
とにかく、さらにモンスーンに行くのが楽しみになりました。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします(^_^)v
χανι

私も以前、行かせて頂いて、店長さんと話をさせて頂き、名刺を貰いました。

素晴らしいお話で、今こうして繋がっている事が納得のお店でしたよ!!


モンスーンカフェ自由が丘、また行きたいです☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174509/51823036

この記事へのトラックバック一覧です: モンスーンカフェ自由が丘店の三浦店長はなぜ客から誕生日を祝ってもらったのか?:

« 黒川清さんのリーダーシップ論 | トップページ | 中西圭三「東日本大震災チャリティーライブ」 in 棚倉 のお知らせ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

twitter