最近のトラックバック

« やりなおし古文講座のテキストファイルです | トップページ | 読売新聞福島版「ハッケン!ふくしま」で紹介されました。 »

2011年2月28日 (月)

クライストチャーチへの想い

震災後はじめての日曜日、クライストチャーチの教会では礼拝がまもられました。

建物が倒壊したり大きく傷ついたりした教会では、屋外で礼拝が行われたと報じられています。

街の名「クライストチャーチ」とはまさに「キリストの教会」のこと。

オックスフォード大学のコレッジの名に由来するといわれますが、英国国教会(アングリカンチャーチ)の大聖堂を中心に広がるガーデンシティです。

この街を、大きな地震が容赦なく襲いました。

私がはじめてクライストチャーチを訪れたのは、約20年前のことです。

いとこがクライストチャーチ出身の男性と結婚し、出身地倉敷市と姉妹都市縁組みをするきっかけをつくったものですから、この街には特別な想いを持っていました。

旅行をはじめて最初の日曜日、私はこの地の教会で礼拝に出席しました。

私はメソジスト教会の流れをひく阿佐ヶ谷教会で洗礼を受けてまもなくでしたから、迷わずダラム・ストリートにあるメソジスト教会を選びました。

石造りの重厚なつくりの教会で、建物は歴史的建造物として文化財に指定されています。

教会の入り口で、案内役の女性に礼拝に出席させてほしいと拙い英語で言うと、暖かく迎えてくれ、私も東京に数年住んだことがあるのよと教えてくれました。

メソジスト教会では、伝統的に、説教台が中心からオフセットされています。

礼拝堂の中心には十字架があり、説教者は、傍らから神の言葉をとりつぐのです。

この教会もまた、そのような作りでした。

私の英語力では、説教の内容まではわからなかったのですが、礼拝の最後に遠来の友人として紹介し拍手で迎えてくれました。

礼拝後、アッシャーの女性が再びあらわれ、階下に「ティー」の用意があるから是非参加するようにすすめてくださいました。

手作りのクッキーとティーとでひとときをすごすうちに、是非スピーチをと促され、私は生まれてはじめて英語でスピーチをしました。

「いとこがクライストチャーチの男性と結婚し、この街に親しみを持ってきました。はじめてここにくることが出来て確信しています。なんて美しい街なのでしょう!このクライストチャーチは」

そう言うのが精一杯でした。

Hi!と明るく声をかけてくれた中年の男性がいました。

聞けば、アメリカのテキサスから来たビジネスマン。

アメリカの人は、どこまでもフレンドリーで快活なのです。

一方、ニュージーランドの人は、むしろシャイです。

声をかけたそうにしながら、声をかけられないでいる。

この国の人々の精神構造は、とても日本人のそれに似ていると思いました。

アッシャーの女性が、今日はこれからどこに行くの?大学の跡地がマーケットになっているから、是非行ってご覧なさい。

それとあそことあそこ。

当時のニュージーランドは、日曜日に開いている店やレストランは稀でした。

そのことを慮ってのアドバイスだったのでしょう。

私は、とても暖かい気持ちになって、教会をあとにしました。

今、あの美しい教会はどうなっているのでしょうか?

日曜日に教会に集うシャイで穏やかな人々は、無事でいるのでしょうか?

被災され、家が壊れ、けがをされた人はいないのでしょうか?

でも、私は信じます。

きっとこの日曜日、あの教会の人々は、礼拝をまもったことでしょう。

そして、礼拝後、ボランティアとして、困った人々を助けるため大きく傷ついた街の中に入っていったことでしょう。

だから、クライストチャーチの人々と心をあわせて、私は祈ります。

私自身が何が出来ることはないかと考えながら、まず祈ります。

そして、いつかあの教会を再び訪れたいと思うのです。

Durham Street Methodist Church Christchurch

http://www.mmsi.org.nz/parish.html








« やりなおし古文講座のテキストファイルです | トップページ | 読売新聞福島版「ハッケン!ふくしま」で紹介されました。 »

聖書・教会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174509/50991142

この記事へのトラックバック一覧です: クライストチャーチへの想い:

« やりなおし古文講座のテキストファイルです | トップページ | 読売新聞福島版「ハッケン!ふくしま」で紹介されました。 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

twitter