最近のトラックバック

« 棚倉町のHPにリンクを張らせていただきました。 | トップページ | ジュニア科(CS)説教原案「イエスは命のパン」 »

2010年9月25日 (土)

「粛々と」をめぐる随想

 菅総理大臣の記者会見は、質問への回答を含めて、官僚の作成した原稿の棒読み。漢字を読み間違えないように、極めて慎重に、自信なさげに。自分の言葉で話そ うという気迫がまったく感じられなかった。尖閣諸島問題で首相がイニシアチブをとったでもなく、「粛々と」と言う決まり文句が哀れでさえある。

 今回の尖閣諸島問題では、「粛々と」という言葉が、政治用語化している。これは、形容動詞「粛々たり」の連用形を副詞的に用いた表現である。形容動詞タリ活 用は中国語を直接的に日本語にローカライズするための言語的仕組みだが、この語が対中国問題に使われることの皮肉を政治家はきちんと知るべき。

        
 それにしても、副詞が政治用語化がすることの貧困さ!政治は結果責任なのだから、内実のある名詞か動詞で表すべきだ。しかも、日常ではほとんど使われない「粛々と」という語を恥ずかしげもなく話し、問題の本質を隠すのはのは、政治家としての死を意味していまいか?

 ちなみに、「粛々と」は、自民党政権下でもよく使われた言葉。その悪弊を見事に受け継いだという意味で、民主党政権も十二分に古くさいものである。前原外相など、僕よりずっと若いのに!

連続ツィッターとりまとめです。

« 棚倉町のHPにリンクを張らせていただきました。 | トップページ | ジュニア科(CS)説教原案「イエスは命のパン」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が日本の外交の弱さは 筋金入りだね。
自衛隊も悔しがってるよ。
何の為の自衛隊か、自国の独立と平和を守るのが、政府ではないかとおもいます。、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174509/49557344

この記事へのトラックバック一覧です: 「粛々と」をめぐる随想:

« 棚倉町のHPにリンクを張らせていただきました。 | トップページ | ジュニア科(CS)説教原案「イエスは命のパン」 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

twitter