最近のトラックバック

« 自分の名前を検索する | トップページ | 弟のライブに行ってきました »

2008年4月12日 (土)

神谷えり"duos"

Duos RYOさんにご質問にお応えして…。

去年リリースされたシンガー神谷えりさんのアルバム"duos"のライナーを書かせていただきました。

すばらしいミュージシャンたちとのデュオセッションを集めたアルバムです。

是非お聴きになってください。

神谷さんのCDをリリースした Myriad Production のフリーペーパーに寄稿した文章をご紹介します。

人が人の前でニュートラルな姿勢を保つことは存外難しい。日常生活の中でさえそうなのだから、個性と個性とがぶつかりあう芸術表現の場ではなおさらであろう。神谷えりは、アルバム”duos”の中で、その抜き差しならない不可能に挑戦し、それを見事に実現している。あたかも古武道家のように一瞬だけ自分の存在感を消し、相手の力を使って投げられる…投げ返す。武道ならどちらかがバタリと倒れていれば勝負ありだが、音楽のセッションの場合は、ふたりがスクッと立ち、しかも愛しあっていなければならない。抱き合って互いの瞳の奥底を見つめあうのか、肩を組んで同じ希望に向かって涙するのか。それは、歌われる楽曲と、楽器の音色と、そしてなによりも共演するミュージシャンの個性のありかたによって、自動的に選ばれることだとでも言うように、神谷えりはのびのびと歌う。そのニュートラルな姿勢を可能にしているのは、彼女のとてつもなく個性的な声と、その短からぬ音楽家としてのキャリアであろう。神谷えりは「歌」で世界や人に対する愛を表現する。しかし、彼女がほんとうに強くなれたのは、音楽によって深く愛される経験をしたからなのだし、ニュートラルな自分を相手の前に投げ出す勇気を彼女自身が持ったことによる。”duos”に治められた美しい曲の数々は、おのおの十分に個性的でありながら、大きな彼女の「物語」を紡ぎ出してもいるのである。▼神谷えりのライブを聴きにゆくと、彼女のソウルフルな歌声が直接心の琴線に触れてきて、涙がとまらなくなる瞬間がある。帰宅して、あの歌は何語で歌われていたのだろうとふと記憶をたどるが、思いつかない。、彼女は今のところ、英語・日本語・そしてハワイアンで歌うが、語学の達人でもない僕が、あっという間に言葉を超越した世界に連れてゆかれる。それほど彼女の「歌」は圧倒的だ。おそらくは、彼女は少女時代から、自分の前を通り過ぎる「歌」のことごとくを、自分の声で歌わずにはいられなかったのだろう。そんな少女の天真爛漫な好奇心が、今豊かな成熟の時を迎えている。思いとテクニックとが見あうというのは、こういうことなのだろう。”duos”はそんなアルバムである。"F-air"01号

Amazon

http://www.amazon.co.jp/duos-%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E3%81%88%E3%82%8A/dp/B000V5J1VS/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=music&qid=1207960537&sr=8-1

« 自分の名前を検索する | トップページ | 弟のライブに行ってきました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
神谷えりさんの存在は知りませんでした。
今は50年~60年のモダンジャズしか聴いていないもので、化石化しております・・・^^;
アマゾン見ると教育テレビのアイーダを歌われてる方のようで、それなら毎週聴いていますよ^^

さて、中西さんのライナーは何となく人生の香りが漂ってきます。
素晴らしいです。
聴き手であるぼくたちも、ある意味自分の人生を重ね合わせ、その音楽と対峙しているように思います。
聴き手の求めるものと、歌い手の求めるもの。
中西さんのライナーはそんな両者の架け橋としてとてもステキだなと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174509/40854642

この記事へのトラックバック一覧です: 神谷えり"duos":

« 自分の名前を検索する | トップページ | 弟のライブに行ってきました »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

twitter