最近のトラックバック

« CD「螢の光のすべて」 | トップページ | I'm home »

2008年3月21日 (金)

稲垣千穎の表記について

Photo

とても細かい話題をひとつ。

「蛍の光」の作詞者稲垣千穎(いながきちかい)の表記についてである。

「穎」(ヒの下はのぎ)は「頴」(ヒの下はしめす)という異体字を持つ。

「穎」が正字、「頴」が俗字で、人名では正字を使うことが多かったようだ。

「穎」も「頴」も、音読みにすると「えい」である。これは、イネ科植物の小穂にみられる鱗片(りんぺん)状の包葉を指す言葉。「千穎」という名前は、元服後の改名だろう。

異体字による人名表記の異同は、どちらが正しいという問題ではないのだが、谷中墓地にある稲垣の墓碑銘や、稲垣の自筆稿本と見られる「稲垣千穎詠草」(筑波大学中央図書館蔵)を見たところでは、「稲垣千穎」と表記するのが正確なようだ。

「蛍の光のすべて」でも私以外の解説者は「稲垣千頴」と表記しているし、山東功著『唱歌と国語』でも「稲垣千頴」としている。

以前、恵泉女学園大学平和研究所の公開講座でお話しさせていただいたときに、ご一緒した大塚野百合先生に「あなたは身体は大きいのに、ほ んとうに細かいのねえ」と笑われたこと思い出す。でも歴史研究者としては、こうした言葉は勲章である。

Photo_6

Photo_7

« CD「螢の光のすべて」 | トップページ | I'm home »

唱歌・讃美歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174509/40582446

この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣千穎の表記について:

« CD「螢の光のすべて」 | トップページ | I'm home »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

twitter